たるみとは

「たるみ」は老化に伴う顔貌の変化であり、主に皮膚のゆるみから生じる垂れ下がりやシワの増加と、脂肪や筋肉・骨の変形、量の増減による輪郭変化という2つの側面から成り立っています。

皮膚の老化とは、その内部構造たるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの減少や変性によって、張り感や弾力・きめがなくなった状態です。伸び縮みができない緩んだゴムのようなものです。

脂肪や筋・骨の変化とは、加齢により皮下脂肪が崩れ、下垂していくことが主ですが、体重増加とともに量自体は増えてさらに重く下がる要因となったり、逆にその量が減って、頬のコケなどが生じるようになります。また筋肉の張り感が低下するほど、その支える力は減りますし、骨は加齢によって容量が減り、顔全体のボリュームに大きな影響を与えます。

それらに対して、皮膚全体の張りを改善したり、フェイスラインを引き締める治療を基本としますが、最近では頬中央にふっくらボリューム感を作り、かつ顎のラインを綺麗に作ることで、ハート型の輪郭を作る治療が世界的トレンドとなりつつあります。

最新のたるみ治療について

  1. 額・眉間のシワ
  2. 眉のリフトアップ
  3. 目尻目の下の小ジワ
  4. 目の下のくぼみ
  5. 頬「ゴルゴ線」
  6. 法令線
  7. 頬外側のたるみ
  8. 頬中央のたるみ
  9. マリオネット(口横のハの字たるみ)
  1. フェイスライン・頬下方のたるみ
  2. フェイスラインたるみと脂肪過多
  3. 顎ラインの鈍化
  4. 肌の質感低下、しぼみ感
  5. 張り感低下
  6. 全体の張り感低下、目の下のたるみや疲れ感
  7. 肌質老化、ちりめんじわ、軽度のシワ
  8. 老化予防

詳細解説ページへ

Doctor's Advice
治療法によって効果は異なります。たった一つの機器や手技で全てが解決できるような夢の治療法はありません。老化は慢性進行性の不治の病みたいなものです。いかに見た目の老化を軽減するかです。
顔全体のバランスを見て、またご本人の希望を聞いて、部位毎にどう変化させれば若く見えるのか、最適なものを選択し、時には組み合わせたりしていきます。

治療方法からみる

注入療法

ボトックス注射

ボトックス注射

ボトックスとは表情じわ改善のための注射薬です。表情筋を動かす筋肉を麻痺させ、眉間や目尻、額のしわなどを改善します。ほかにも顔全体に浅く投与する方法、えらの筋肉を小さくする方法など様々な応用があります。
ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

顔面の深いシワ、弛みなど、くぼんだ部位を充填して持ち上げる注射。即効性があり、かつ半年から1年程度で自然に体内に吸収されますし、諸事情で除去したい場合も分解注射があるため安心です。
コラーゲン注射

コラーゲン注射

目尻や額、口周りなどの細かいシワを埋める注入剤。即効性があり約半年間持続します。歴史のある薬剤ですが、注入手技によって結果は大きく異なります。
レディエッセ注射

レディエッセ注射

ハイドロキシアパタイトを主成分とする注入剤。約1年で吸収されます。粘度が高いためボリュームを増すように注射可能であり、輪郭を含めた変化、つまり若い頃のような頬のふっくらした顔貌に変化させます。
PRP(多血小板血漿)注射

PRP(多血小板血漿)注射

自己血液から抽出した血小板成分の持つ「傷を治す力」によって自己コラーゲンを増やし、肌の質感・ちりめんじわを改善する注射法。採血から作成・注射まで1時間ほどです。
水光注射ダーマシャイン

水光注射ダーマシャイン

微小な針と吸引機能を備えた自動注入器を用いて、ヒアルロン酸や各種因子を皮膚内に広範囲に注入し、肌の保湿機能、透明感、質感、ちりめんじわ等を改善する治療法。針痕などは殆ど残らず、痛みもごく軽度です。させます。

機器療法

ウルセラシステム

ウルセラシステム

「リアルリフト」と言われる高密度焦点式超音波装置。集束超音波のエネルギーで皮下のSMAS(顔面の支えとなっている筋膜)などに強い熱作用を生じさせ、顔を引き上げるリフトアップ装置。1年に1回程度の治療。
サーマクール

サーマクール

機器治療の世界的ゴールデンスタンダード。皮膚深部のみを高周波の熱作用により引き締め、フェイスラインなどを変化させる。タイトニング(引き締め)治療の代表的機種。約1年毎に1回の治療で効果を発揮。
Vシェイプ

Vシェイプ

顔専用に開発された特殊な超音波(剪断波)と高周波のリンパ排泄作用によって顔面の脂肪を減少させながら皮膚を引き締め、顔をV状に変化させていく治療。5回程度の治療が基本となる。
テノール

テノール

Radiative式高周波により深部を加熱し、リンパ流改善、セルライト除去、ヒートショック蛋白発生などを起こし、肌質を変化させながら抗加齢作用を生み出す。予防的側面も強く、繰り返し治療が必要だが、痛みはない。
リファームST

リファームST

高周波と近赤外線の同時照射によってマイルドな即効性ある引き締め作用を有する治療法。持続力はないため、月に1回程度の継続治療が基本となる。
マトリックスIR

マトリックスIR

高周波とレーザーの同軸照射によって、皮膚の浅い層を即時収縮させ、小じわを改善し、肌の張りを出す治療法。特に眼の下の小じわに有効で、月に1回、複数回の治療を要する。
Nd:YAGレーザー

Nd:YAGレーザー

現在最も深部まで到達するレーザーとされており、生じる熱エネルギーによって肌全体の張り感を生じさせる。かさぶたもなく痛みも軽度であり、気軽に治療が受けられる治療の一つ。月1回の治療が基本。
エコツー

エコツー

フラクショナル炭酸ガスレーザー。皮膚に微小な孔を無数に開け、肌を新しく「入れ替える」ことによって小じわ、キメ、つやの改善を得る。表面的変化は非常に大きいが、1週間のかさぶた・赤みなどが発生する。
スターラックス1540

スターラックス1540

フラクショナルレーザー。皮膚に微細な熱変性を無数に起こし、その熱作用によって顔面皮膚全体の張り感や引き締め効果など表面的変化を強く生じさせる。数回の治療を要し、また赤みが数日間生じる。
アキュスカルプ(アキュリフト)

アキュスカルプ(アキュリフト)

皮膚内にファイバーを刺して脂肪組織や皮膚下に直接レーザー照射する治療法。軽い脂肪吸引を併用することもある。腫れなどは強く生じるが、その熱作用は大きく、内部から脂肪の減少、皮膚の引き締めを生じる。